Create
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Sign up Log in
Celebration

Earn badges and make progress

You're on your way to the next level! Join the Kudos program to earn points and save your progress.

Deleted user Avatar
Deleted user

Level 1: Seed

25 / 150 points

Next: Root

Avatar

1 badge earned

Collect

Participate in fun challenges

Challenges come and go, but your rewards stay with you. Do more to earn more!

Challenges
Coins

Gift kudos to your peers

What goes around comes around! Share the love by gifting kudos to your peers.

Recognition
Ribbon

Rise up in the ranks

Keep earning points to reach the top of the leaderboard. It resets every quarter so you always have a chance!

Leaderboard

Come for the products,
stay for the community

The Atlassian Community can help you and your team get more value out of Atlassian products and practices.

Atlassian Community about banner
4,465,034
Community Members
 
Community Events
176
Community Groups

Jira でインシデント登録時にレビュー用の Confluence ページを自動作成する

[このページは、クラウド版 (Jira Cloud 及び Confluence Cloud) をご利用の管理者向けの内容となります。]

Jira Software や Jira Service Management にてバグやインシデントが登録された際に、情報の整理や記録、事後レビューの目的で Confluence ページを作成することがあるかと思います。

今回は、Jira Cloud にて提供されている Jira Automation を使用して、バグやインシデントの課題 (リクエスト) が起票された際に Confluence ページを自動で作成する方法をご紹介いたします。

このような自動化を設定しておくことで、各インシデントごとに標準化されたフォーマットでインシデントを記録し、必要な情報を含んだ Conlfuence ページを残しておくことが習慣化されます。

 

Confluence Cloud での準備

  1. インシデントの情報整理に使用するページを格納する Confluence スペースを作成します。
    今回は「インシデント管理」というスペースを作成します。

  2. レビュー用のテンプレートを作成します。インシデントに関する情報の記載欄や、必要なアクションを記載しておくと良いでしょう。テンプレートの作成方法はドキュメント テンプレートの作成 をご確認ください。
    今回は「インシデントテンプレート」というテンプレートを作成します。
    AtlassianSupport 2022-07-08 at 15.03.54.png

  3. 必要に応じて、ページを作成する親ページを作成します。
    今回は、年度ごとにインシデントを管理することを想定し、「2022 インシデント」という親ページを作成しておきます。

 

Jira Cloud での準備

今回はシンプルな例として Jira Sevice Management のサービスプロジェクトにて、Request Type「インシデント報告」のリクエストが起票された際に Confluence ページを作成する自動化を設定します。お客様の運用やご要件に合わせて、アクション実行の条件を変更してください。

自動化は、プロジェクト設定の「自動化」より設定いただけます。自動化の詳細は下記の通りです。

  • いつ: 課題の作成時

  • 課題フィールドの条件: Request Type が「インシデント報告」と等しい
    AtlassianSupport 2022-07-08 at 15.11.11.png

  • その場合: Confluence ページを作成
    - タイトルにはインシデントの内容を認識できる情報を含めることができます。
      例) [インシデントレビュー] {{issue.summary}}
    - スペースには、上記で設定したスペース「インシデント管理」を設定します。
    - 親ページには、上記で設定したページ「2022 インシデント」を設定します。
    - テンプレートには、上記で設定したテンプレート「インシデントテンプレート」を設定します。
    AtlassianSupport 2022-07-08 at 15.16.19.png

設定は以上です。

自動化を設定したプロジェクトにて、Request Type が「インシデント報告」のリクエストを起票してみたところ、無事 Confluence ページが作成されました。
AtlassianSupport 2022-07-08 at 15.19.07.png

今回は、インシデントや不具合などが発生した後の情報の整理に役立つ自動化を紹介いたしました。インシデント事後レビューのベストプラクティスや、テンプレートにどのような情報を含めておくことが有効であるかについて興味がある方は、ぜひ、以下のドキュメントをご参照ください。

 

0 comments

Comment

Log in or Sign up to comment