Come for the products,
stay for the community

The Atlassian Community can help you and your team get more value out of Atlassian products and practices.

Atlassian Community about banner
4,362,966
Community Members
 
Community Events
168
Community Groups

AWS 環境に Jira Server を構築してみる #2

AWS 環境に Jira Server を構築してみる で、検証目的として立ち上げたサーバーを ALB を利用して SSL で接続してみます。

事前準備

Amazon Route 53 でホストゾーンの作成

カスタムドメインに Jira に接続するために事前に Route 53 でホストゾーンを作成します。

  1. Route 53 > ホストゾーン > ホストゾーンの作成
  2. ドメイン名 にすでに取得済みのドメインを入力
    1. NSレコード と SOAレコード が生成されます
      Screen Shot 2020-11-04 at 10.58.30.png
  3. 生成された NSレコード をドメインを取得したネームサーバに登録
    1. ムームードメインに登録する場合
      Screen Shot 2020-11-04 at 11.01.43.png

      Screen Shot 2020-11-04 at 11.02.07.png

Certificate Manager で証明書を発行

  1. AWS > Certificate Manager > 証明書のリクエスト > パブリック証明書のリクエスト
    1. 既に証明書発行済の場合は 証明書のインポートを選択
  2. 取得済みドメインの登録
  3. ドメインの DNS 設定に発行された CNAME レコードを各ドメイン管理ツールに従い登録
    1. CNAME 登録前は検証未完了、検証保留中といったステータスになります
      Screen Shot 2020-11-04 at 11.07.26.png
    2. ムームードメインに登録する場合
      Screen Shot 2020-11-04 at 11.10.52.png

      Screen Shot 2020-11-04 at 11.11.25.png
      • AWS での出力内容をそのままコピーせず、 CNAME を以下のように変更して登録:
        • サブドメイン: _1234567890asdfghjkl
        • 内容: _1234567890asdfghjkl.acm-validations.aws

ロードバランサーの作成

ALB のターゲットグループを作成

以下のドキュメントを参考にターゲットグループを作成

ALB の作成

  1. AWS > EC2 > ロードバランサー
  2. ロードバランサーの作成 > Application Load Balancer を選択
    1. アベイラビリティゾーンを2つ以上選択
    2. すでに EC2 インスタンスを特定のアベイラビリティゾーンで起動している場合はターゲットに追加できるよう同様のアベイラビリティゾーンを選択
    3. ロードバランサーのプロトコルに HTTPS を追加
      Screen Shot 2020-11-05 at 12.23.18.png
  3. 先程作成した ACM の証明書を選択
    Screen Shot 2020-11-05 at 12.21.44.png
  4. ターゲットグループで事前に作成したターゲットグループを選択

カスタムドメインとロードバランサーの紐付け

  1. AWS > Route 53 にて先程作成したホストゾーンを選択

  2. レコードを作成

    1. シンプルルーティング

    2. シンプルなレコードを定義

    3. ルーティング先に「Application Load balancer と Classic Load Balancer へのエイリアス」を選択し、先程作成した ALB を選ぶ
      Screen Shot 2020-11-05 at 12.32.27.png

これが完了したら、カスタムドメイン経由で HTTPS で Jira にアクセスできるようになり、リクエストが https://ec2-hostname:8081 に転送されます。

0 comments

Comment

Log in or Sign up to comment
TAGS

Atlassian Community Events