Create
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Sign up Log in
Celebration

Earn badges and make progress

You're on your way to the next level! Join the Kudos program to earn points and save your progress.

Deleted user Avatar
Deleted user

Level 1: Seed

25 / 150 points

Next: Root

Avatar

1 badge earned

Collect

Participate in fun challenges

Challenges come and go, but your rewards stay with you. Do more to earn more!

Challenges
Coins

Gift kudos to your peers

What goes around comes around! Share the love by gifting kudos to your peers.

Recognition
Ribbon

Rise up in the ranks

Keep earning points to reach the top of the leaderboard. It resets every quarter so you always have a chance!

Leaderboard

Come for the products,
stay for the community

The Atlassian Community can help you and your team get more value out of Atlassian products and practices.

Atlassian Community about banner
4,456,810
Community Members
 
Community Events
176
Community Groups

続報: Bitbucket APIとGitアクティビティでのAtlassianアカウントのパスワードの廃止について

※本記事は、Denise Garciaによる英語記事「Deprecating Atlassian account password for Bitbucket API and Git activity」を翻訳したものです。内容に相違が見受けられる場合、英文ページの内容を正とします。


2021年9月13日以降、新しいBitbucketユーザーはBitbucket APIまたはHTTPSでのGitでの基本認証に個人のAtlassianアカウントのパスワードを使うことができなくなります。このようなユーザーはBitbucketのアプリパスワードを使う必要があります。

2021年9月13日よりも前にAtlassianアカウントを作成したBitbucketユーザーは、2022年3月1日までの間は、Bitbucket APIまたはGitでの認証にAtlassianアカウントのパスワードを使用できます。


Bitbucketでは過去に、2022年3月1日以降、ユーザーはBitbucket APIまたはHTTPSでのGitでの認証にAtlassianアカウントのパスワードを使えなくなることをお知らせしました。このようなユーザーはアプリパスワードを使うように移行する必要があります。

さらに、2021年9月13日以降、新しいBitbucketユーザーはBitbucket APIまたはHTTPSでのGitでの基本認証に個人のAtlassianアカウントのパスワードを使うことができなくなります。このようなユーザーはBitbucketのアプリパスワードを使う必要があります。

2021年9月13日よりも前にAtlassianアカウントを作成したBitbucketユーザーは、2022年3月1日までの間は、Bitbucket APIまたはGitでの認証にAtlassianアカウントのパスワードを使用できます。

アプリパスワードの作成方法

アプリパスワードを作成するには、次の手順を実行します。

  1. プロフィールと設定のアバターで [Personal settings] を選択します。

  2. [アクセス管理] 配下で [アプリ パスワード] を選択します。

  3. [アプリ パスワードの作成] を選択します。

  4. アプリパスワードに、パスワードを使うアプリケーションに関連する名前を設定します。

  5. 対象のアプリケーションパスワードに割り当てたいアクセス権や権限を選択します。

  6. 生成されたパスワードをコピーし、記録するか、アクセスを付与したいアプリケーションにペーストします。このパスワードは一度のみ表示されます。

アプリパスワードの使用方法や取り消し方法を含む詳細情報については、Bitbucketのドキュメントをご確認ください。

影響を受ける他の機能

OAuth 2.0 Resource Owner Password Credentials Grantフロー

OAuth 2 Resource Owner Password Credentials GrantフローはAtlassianアカウントのパスワードが要求されるため、実行できなくなります。アプリ開発者はサポート対象のOAuth 2.0フローのいずれかを使ってアクセストークンを取得する必要があります。

SSH経由での2段階認証のリカバリトークンの取得

Bitbucketでは過去に、2段階認証 (2SV) のリカバリコードを取得するためのSSHキーとパスワードの組み合わせが許可されていました。これはサポートされなくなります。2SVが有効化されたユーザーは、2SVデバイスの紛失や盗難が発生したときの24時間のロックアウトを回避するために、個々の個人設定に移動してリカバリコードを安全な場所に保管するか書き留めておく必要があります。

0 comments

Comment

Log in or Sign up to comment
TAGS

Atlassian Community Events