Create
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Sign up Log in
It's not the same without you

Join the community to find out what other Atlassian users are discussing, debating and creating.

Atlassian Community Hero Image Collage

サーバー製品の販売およびサポートの終了 - 2021年12月の最新情報

※本記事は、Parthaによる英語記事「End of server sale & support - December 2021 update」を翻訳したものです。内容に相違が見受けられる場合、英文ページの内容を正とします。

こんにちは。前回の更新では、サーバーライセンスの販売およびサポートを終了しながらお客様に世界レベルのクラウドエクスペリエンスを提供するにあたっての不確定事項への、弊社の複数の取り組みをご紹介しました。私はアトラシアンのエンタープライズ製品の責任者として、お客様の要件をクラウドで実現することの責任を持っています。

お客様からのフィードバックは、弊社がお客様のクラウドへの道のりを支援し、クラウドとData Center製品の両方を改善するうえで役立ちます。弊社ではお客様からの声を聞いてそれに対応することを重視しており、この記事ではこれまでにいただいたフィードバックでのいくつかの共通のテーマについて、更新情報を共有させていただきます。


セキュリティ、データ管理、コンプライアンス

”Atlassian Cloudに移行するのであれば、ユーザーデータと顧客データの保管場所を把握できる必要があります。当社の所在地はEUのドイツです”

アトラシアンでは、一般データ保護規則 (GDPR) およびすべてのプライバシー関連の規則への準拠に取り組むことで、お客様の成功やお客様のデータの保護にコミットしています。

お客様のもっとも価値のあるデータを弊社にて保管することもあるため、Atlassian Cloudのアーキテクチャのすべてのレイヤーにセキュリティ施策を組み込んでいるほか、弊社での提供内容、弊社のオペレーション、および契約責任のすべてが引き続きこの基準に準拠するようにしています。個人情報の処理、収集、保管、および削除方法は、先日更新されたデータ処理補遺でご確認いただけます。

前回の更新では、HIPAAに向けた取り組みを加速させ、金融サービス業界向けのコンプライアンス (BaFinやAPRA) を実現したこともお伝えしています。

アトラシアンの製品やサービスのセキュリティ、信頼性、プライバシー、およびコンプライアンスの最新情報を、Atlassian Trust Centerで確認していただけます。

多くのお客様にとって、データが管理される場所の制御性は必須要件です。お客様からのフィードバックを受け、StandardおよびPremium Cloudプランにデータレジデンシー機能を追加したほか、2021年11月にはオーストラリアのデータレジデンシーを開始しました。これらはクラウド製品のデータ管理面で行われている多数の改善の1つに過ぎません。

アトラシアンはデータレジデンシーの分野でリーダーになることに取り組んでいます。お客様からご要望をいただいている多数の場所へのロールアウトを行うためには、データレジデンシーのインフラストラクチャの改善に時間を割く必要があります。この投資によって将来的に新しい地域へのローンチをこれまで以上に素早く行えるようになるほか、さまざまな国の新しい基準や基準の変更に素早く対応できるようになります。

この作業により、英国、日本、およびカナダでのデータレジデンシーのサポートのローンチが2023年前半に先延ばしになります。データレジデンシーとすべてのセキュリティ関連機能の最新情報については弊社のロードマップをご確認ください。

 

移行のプロセス

“オンプレミス環境のBitbucket Serverをクラウドベースのインスタンスに移行するために受けられるサポートを探しています。既存のリポジトリ、ユーザー、Jira連携などを移行する必要があります。プロフェッショナルサービスは提供されていますか?”

多くのお客様から、移行の準備方法についての情報が必要であるとのご意見をいただきました。アトラシアン製品のクラウドまたはData Centerへの移行のガイドとなる、ツール、リソース、およびサポートを移行センターでご確認いただけます。まずは移行アセスメントを受けて、お客様の状況に合わせたクラウド移行の推奨タイミングや次のステップに役立つリソースをご確認ください。また、25ユーザー/エージェント以上のコマーシャルおよびアカデミックライセンスのお客様は、弊社のロイヤリティアドボケートによるクラウドコンサルティングを予約して、クラウド製品の機能、価格、オンプレミス製品との違い、移行戦略などについて打ち合わせを行っていただけます。

クラウドへの移行を予定されている場合、移行のベストプラクティスやアトラシアンのクラウド移行マネージャーとのライブQ&Aを含むクラウド移行デモ (英語のみ)に登録していただけます。

また、お客様のクラウドへの移動を支援するための、無料の移行ツールも開発しています。現在、Jira Cloud Migration AssistantConfluence Cloud Migration Assistant、およびBitbucket Cloud Migration Assistantを提供しています。これらのツールの機能や利用性の改善にも取り組んでいます。2021年12月8日時点で、Jira Cloud Migration AssistantにはJira Service Management移行とMarketplaceアプリ移行の機能を、Confluence Cloud Migration AssistantにはMarketplaceアプリ移行の機能を追加しています。

 

アプリと連携機能

“オンプレミス製品で利用しているいくつかのアドオンのクラウド版が提供されていないため、クラウドに移行するとそれらが使えなくなることに気づきました。このような場合はどうすればよいのですか。また、これらのアドオンによって保管されるデータで保持が必要なものはどう扱えばよいのでしょうか”

多くのお客様が、アトラシアン製品で得られる価値を拡張するために、Marketplaceアプリと自社開発のアプリの両方を利用しています。

アプリのクラウド版の提供を増やし、機能のギャップを閉じていくことは、引き続きアトラシアンの注力領域であり、これからも投資を増やして参ります。2021年度にはパートナーによって600以上の新しいクラウドアプリがMarketplaceに追加されており、このペースは加速しています。新しいクラウドアプリのまとめ(英語)で進捗をご確認ください。

また、アトラシアンの新しい開発者プラットフォームであるForgeにより、カスタムアプリの移行や新しいクラウドアプリの開発を支援しています。

JiraおよびConfluence Cloud Migration Assistantsで、アプリの自動移行のサポートを開始しています。アトラシアンでは、25社以上の主要なMarketplaceパートナーとのパートナーシップを通じ、70を超えるMarketplaceアプリのアプリデータの自動移行を実現しました。現在、Questions for ConfluenceViewtracker Analytics for ConfluenceMarkdown Macro for Confluence、およびCreate on Transitionなどの人気のアプリではすでにアプリデータの自動移行がサポートされています。弊社では引き続きMarketplaceパートナーとともに、アプリの自動移行パスの増加に取り組んで参ります。アプリ移行の詳細については、JiraConfluenceのアトラシアンサポートドキュメントをご確認ください。 

スケールとパフォーマンス

“全体的に速くなっています。フィールドの編集方法もモダンになっています(1つずつ直接編集可能)。いくつかの問題やバグもなくなりました”

前回の投稿で、Jira SoftwareとConfluence Cloudの単一インスタンスでの、2万ユーザーの上限の一般公開を発表させていただきました。引き続き、最大規模のエンタープライズ企業のお客様の要件を実現できるようにクラウド製品のスケールへの投資を続け、2022年にはインスタンス毎のユーザー制限を35,000に引き上げます。20,000-50,000ユーザーのクラウド移動をご検討の場合はアーリーアクセスプログラムの条件をご確認ください

アトラシアンではクラウド製品のお客様に世界レベルのパフォーマンスを提供することの重要性を理解しており、パフォーマンス面の改善内容を定期的に共有することに取り組んでいます。弊社のパフォーマンス改善の進捗は、クラウドロードマップで追跡していただけます。

 

管理者による制御

“クラウド製品を利用するとアップグレードが即座に適用されてしまい、管理者で制御することができません”

アトラシアンでは引き続き、エンドユーザーのプレビュー、テスト、および準備面での制御性を必要とする管理者の要件を満たす機能への投資を行って参ります。リリーストラックを使うと、アトラシアンによる更新を固定された月次間隔で適用できるようになるため、インスタンスに適用される変更やそのタイミングを予測していただけるようになります。

サンドボックスを使うと、変更や新機能を本番環境に適用する前にテストできるため、本番環境を意図したように動作させることができます。弊社では今後もイテレーションを続け、お客様がクラウド環境を快適に管理するために必要な制御性を提供します。現時点で、本番環境サイトで有料で使用しているMarketplaceアプリをサンドボックスでは無料ライセンスで利用していただけます。

クラウドへの移動を実現するには、クラウド製品のパフォーマンス、信頼性、および拡張性が主要な要件である旨を伺っています。このような考慮事項を受け、まずは差し迫った課題にまず対応するため、投資をシフトします。カスタムドメインは引き続き優先事項ですが、このシフトによってカスタムドメインのリリースが先延ばしになります。引き続き、最新情報をクラウドロードマップで共有します。

 

価格とパッケージ

“サーバーからクラウドへの移動を検討しています。110ユーザー分の見積もりをいただけますか?既存の製品を考慮すると2021年8月まで移動は困難ですが、この程度の期間で移動に備えることはできますか?また、インセンティブプログラムはありますか?”

前回の更新でご説明したように、アトラシアンのゴールは、すべてのクラウド移行を可能な限りスムーズに行っていただけるようにすることです。サーバーおよびData Centerのお客様は最長12か月の無料のクラウド移行トライアルを使い、クラウド製品の確認や評価をご自身のペースで行っていただけます。

大規模なお客様向けには、クラウドのロイヤリティ割引と、クラウドへの移動時にオンプレミス製品とクラウド製品を並行して実行できるデュアルライセンスを提供しています。

また、クラウドとサーバーでのコストの計算を簡単に行えるようにしたほか、クラウド製品で節約できる隠れたコストをご確認いただけるようにしています。

 

このように進捗を実現していますが、引き続き、お客様からのフィードバックを実現するためのたくさんの作業を予定しています。アトラシアンでは世界レベルのクラウドエクスペリエンスを提供することに取り組んでおり、これからも進行中の作業をクラウドロードマップで共有し、四半期ごとにコミュニティに記事を投稿していきます。

 

– Partha

0 comments

Comment

Log in or Sign up to comment
TAGS
Community showcase
Asked in Atlassian Cloud Migration

AMA with Chris Clarke: Head of Product, Migration Journey

Happy  Migrations Month ! If you haven’t heard, this January we’re hosting exclusive events, giving away cloudies, and sharing helpful resources as part of our #CountdownToCloud celebration. H...

1,958 views 14 20
View question

Community Events

Connect with like-minded Atlassian users at free events near you!

Find an event

Connect with like-minded Atlassian users at free events near you!

Unfortunately there are no Community Events near you at the moment.

Host an event

You're one step closer to meeting fellow Atlassian users at your local event. Learn more about Community Events

Events near you