SourceTree で JIRA 課題や GitHub や Bitbucket Cloud Issue と連動する方法

SourceTree は、Bitbucket や GitHub と接続して、Git クライアントとしてローカルリポジトリとリモートリポジトリに対する操作を行うことができるわけですが、各サービスが備えている Issue Tracking (課題管理 / タスク管理) とも連動させることができます。

どういうことかというと、Git のコミットコメントにおいて、Issue ID を入力する「お作法」はみなさん、やっていると思います。その Issue ID を JIRA や、GitHub Issue, Bitbucket Issue へのハイパーリンクにしてくれるのです。

2b7ca3d099b19292bb523ae96b52690d

コミットメッセージ内の JIRA 課題 ID がハイパーリンクになります。ここからこの課題の詳細へ1クリックで飛べるわけです。

その部分だけ拡大しておきましょう。

3b9fd5736498a9aacb72865d6a29e3a2

SourceTree と JIRA Software の連動設定

では、設定方法を見ていきます。

SourceTree の画面右上の [設定] をクリックします。

e9be23c1953b1c9c5f618f0b5b40923e

次に、[高度な設定] タブをクリックします。

03d8a5d37b79f6e1793a97547c145d78

「コミット文字列の置換」が今回の設定箇所です。[追加]ボタンをクリックします。

fe3a630974b7205afa93ad82cb94d496

JIRA の場合は、「置換タイプ」に「JIRA プロジェクトへのリンク」がありますので、これを選択します。

「プロジェクトプレフィックス」には、JIRA の課題キーを入力します。

「ホスティング URL」には、JIRA の URL を入力します。

7375465a69209c30ae3902bdbee3c65c

はい、これだけです。これだけで、DEM-22 のような JIRA 課題 ID がハイパーリンクになります。

 

SourceTree と GitHub や Bitbucket Cloud の連動設定

まず、JIRA は Bitbucket、GitHub と連携することができます。したがって、JIRA と連携することで、上述の SourceTree と JIRA の連動設定しておけばよいと考えることもできます。実際に、GitHub Issue や Bitbucket Cloud Issue を使わずに JIRA で管理されているプロジェクトも多いです。JIRA と連携することで JIRA が持つ多くのメリットを享受することができるからです。

JIRA 課題とブランチ、コミット、プルリクエストが連動できるようになります。Bitbucket と連携の場合は、JIRA からブランチを作成することもできます。

img_57d22ea3cf32a

さて、GitHub Issue、Bitbucket Issue との連動は少しコツが必要です。SourceTree では既定で、JIRA と Crucible (どちらも Atlassian 製品) との連動が設定しやすくなっています。「置換タイプ」に選択肢があるということです。それ以外は、「その他」として、正規表現パターンで設定をする必要があります。

ea55b8a02bb115cfc24935f832203cf1

(この画面に至る過程は、上述の「SourceTree と JIRA の連動設定」をご覧くださいませ)

あとは、GitHub のお作法に則り正規表現と置き換える URL を含むハイパーリンクの HTML タグを仕込みます。

2b51d0fe455939f45333a3e793ae3ad8

正規表現パターン:

#(/d{1,})

置換文字列:

<a href="https://github.com/<user name>/<repository name>/issues/$1">#$1</a>

こんな感じでよいでしょう。

結果は、以下のようになります。

fdb0f1e17febb60d030f6aaf725789cb

ハイパーリンクをクリックすれば、Issue がブラウザにて開きます。

c5cd3d0585ddcc623f698a8105f7b166Bitbucket Cloud Issue も同様です。

※この記事は、 https://www.evangelism.jp/articles/sourcetree-with-jira-github-issue/ の転載です。

 

0 comments

Comment

Log in or Sign up to comment
Community showcase
Published Oct 23, 2018 in Sourcetree

Tip from the team: configure your repos for hosting goodness!

Supported Platforms macOS Windows We recently introduced support for additional hosting services such as GitHub Enterprise, GitLab (Cloud, Community Edition, Enterprise Edition), and...

841 views 3 2
Read article

Atlassian User Groups

Connect with like-minded Atlassian users at free events near you!

Find a group

Connect with like-minded Atlassian users at free events near you!

Find my local user group

Unfortunately there are no AUG chapters near you at the moment.

Start an AUG

You're one step closer to meeting fellow Atlassian users at your local meet up. Learn more about AUGs

Groups near you