Create
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Sign up Log in
Celebration

Earn badges and make progress

You're on your way to the next level! Join the Kudos program to earn points and save your progress.

Deleted user Avatar
Deleted user

Level 1: Seed

25 / 150 points

Next: Root

Avatar

1 badge earned

Collect

Participate in fun challenges

Challenges come and go, but your rewards stay with you. Do more to earn more!

Challenges
Coins

Gift kudos to your peers

What goes around comes around! Share the love by gifting kudos to your peers.

Recognition
Ribbon

Rise up in the ranks

Keep earning points to reach the top of the leaderboard. It resets every quarter so you always have a chance!

Leaderboard

Come for the products,
stay for the community

The Atlassian Community can help you and your team get more value out of Atlassian products and practices.

Atlassian Community about banner
4,467,581
Community Members
 
Community Events
177
Community Groups

Confluence で多言語対応したページを作りたい

国際化ドキュメント

最初は母国語(現地語)で書いていた Confluence 文書であっても、国際化の波や、よりグローバルな戦力の加入がある場合があります。また、Confluence をオンラインマニュアルだったり、ポータルサイト、コーポレートのホームページで利用している場合などはさらに多言語化対応の課題がでてきます。

 

Confluence の多言語化対応

Confluence は、UI言語については多言語化対応しています。もちろん、日本語も。これらは、既定では、ブラウザのロケール(言語設定)に応じて UI 言語が選択されますので、日本語のブラウザを使っている方には日本語の UI で。英語のブラウザで使っている方には、英語 UI で表示されているはずです。

これらは、ユーザー単位で設定を変更することが可能です。

 

709feff9de92b71bd67e5fac56d4b6c8

言語が「ブラウザの設定を自動検出」となっているのが既定です。[編集] ボタンをクリックすることで、言語を固定することができます。

c0844b159d96d9d511c4b72d55e51e10ただし、当然ですが、文書内に記述した文章については、そのときその人が入力した言語のものになるわけです。日本語で書けば当然日本語を理解できない人には読むことができません。英語で書けば…どの言語であってもそれは変わりありません。

 

文書内の文章を多言語化

Confluence にはアドオンがたくさんあります。ちょっと探して見たら無料で使えるものがありました。

Language Add-on  ※Confluence Server / Data Center が対象

「Language Add-on」は、文書内に言語マクロを用いることで、ブラウザの設定や自ら設定した UI の言語に応じて内容を切り替えてくれるアドオンです。あらかじめ各言語で文章を書いておく必要がありますが、自動翻訳ではなくきちんとした文章を書きつつ、併記ではなく読むことができるのでお勧めできるアドオンです。なお、余談ですが、有料アドオンで自動翻訳してくれるものもあります。

「Language Add-on」は無料のアドオンですが、レジストレーションが必要です。

どんな多言語化が実現できるのか

では、まずはこのアドオンの効果からみていきましょう。

ブラウザの既定の設定(= 日本語)では、こんな文書です。

4b0b0b531d020b7d0b312b822636569e

ページタイトルが、「ほんやくこんにゃく」で、本文が「こんにちは!こんにちは!」ですね。Confluence の UI も日本語になっているところを確認しておいてください。

次に、ユーザー設定にて、言語を「English」にします。

d7687cd12446f833560f8f7e48e958c3では、先ほどの「ほんやくこんにゃく」のページにアクセスしてみましょう。

6ce9673862e576028095d5ca6e185905

ページタイトルも「Translate! Konjak!」に、本文も、「Hello! Hello!」になっていますね。合わせて UI の言語も英語になっているのを確認しましょう。

これがこのアドオンの効果です。それぞれの母国語(= ブラウザの言語や UI に設定している言語)で文章を読めるということになりますね。

なので、オンラインマニュアルなどにとても使えると思います。

 

どう文章を書いているのか

では、種明かしです。どのような文章を書いたらこのように多言語化されるのでしょうか?

このページを編集モードで見れば一発で理解できます。

 

45cd56a9e202cb48ca6f111267cf6578

はい。このように各言語用マクロ枠ないにそれぞれの言語で記載しているのでした。

Pagetitle マクロは、ページタイトルを上書きしてくれるマクロです。Japanese と English マクロは、言語設定に応じてその内容を表示してくれるものです。

6ea147180d3cf1ab8977fa860ffc85beこのアドンを入れるだけでひとつのページを意図した言語での内容で表示できるわけです。読み手に優しいドキュメントを作成したい場合にはぜひ活用したいですね。

2 comments

自動翻訳できなさそうですが?

UIだけ多言語対応してもあまり意味ないですね。コンテンツの多言語とセットで提供されるべきでしょう。
アドオンの作者には感謝すべきですが、アドオンではなくデフォルトで提供されるべきでしょう。
クラウド版は恩恵に預かれないようですね。

アトラシアンのドキュメントマニュアルページを見ていると、アトラシアン自体がドキュメントコンテンツの多言語化に苦心していると見受けられますね。

デフォルトで対応すべきです。

Comment

Log in or Sign up to comment
TAGS

Atlassian Community Events