Come for the products,
stay for the community

The Atlassian Community can help you and your team get more value out of Atlassian products and practices.

Atlassian Community about banner
4,362,517
Community Members
 
Community Events
168
Community Groups

クラウド管理者がユーザーのアクセス設定をさらに制御できるようになります

※本記事は、Nehal Jainが2021年10月17日に公開した英語記事「Cloud admins now have more control over their User Access Settings」を翻訳したものです。内容に相違が見受けられる場合、英文ページの内容を正とします。
Big news@2x.png     Building Functionality@2x.png

変更内容

組織でAtlassian Cloudの複数の製品を管理している管理者の利便性を向上できるよう、アトラシアンの管理ハブで中央化されたユーザーアクセス設定を行えるようにします。

フェーズ1では、Free、Standard、Premium、Enterpriseのすべてのプランのすべての新しいお客様で管理ページのデザインが変わり、これらのページにはadmin.atlassian.comの新しい場所からアクセスするようになります。この変更はサイトアクセス画面に影響します。

その後のフェーズ2では、この変更をすべての既存のお客様に適用します。

この新しいエクスペリエンスは、最初はJira Software、Jira Service Management、Jira Work Management、Confluence、Opsgenie、およびStatuspageのクラウド製品でのみ利用できます。BitbucketやTrelloは含まれません。

 

この変更の理由

Atlassian Cloud製品の管理を改善しています。以前にご案内しているユーザー管理の中央化についてご確認済みの方もいらっしゃるかもしれません。

この投稿でまとめている変更を通じて、管理者に次のようなメリットを提供したいと考えています。

  • きめ細かな制御: 設定は製品やドメイン単位で構成できるため、管理者は誰がどの製品にアクセスするのかをさらに制御できるようになります。

  • 透明性: 設定の影響を明確かつわかりやすくしたいと考え、それを反映できるようにデザインを更新しました。

  • 柔軟性: 特定の機能を無効化できるようになります (近日提供)。

 

新しいユーザーアクセス設定画面

新しいユーザーアクセス設定画面は、組織レベルの [製品] 配下に存在するようになります。管理者は製品ごとのユーザーアクセスをさらにきめ細かに制御できるようになります。

これらの設定はこれまでサイトに縛られていました。組織内で複数のサイトをお持ちの場合、各サイトにナビゲートしてユーザーアクセス設定を構成する必要がありました。

1.png

承認済みドメイン

承認済みドメインのタブのデザインを更新し、さらにきめ細かな制御を行えるようにしました。これまで、すべての承認済みドメインが一連の同じ製品にアクセスを付与されていました。今後は、承認済みの各ドメインの新規ユーザーがどの製品にアクセスできるかを管理者が制御するようになります。

管理者はこの設定を構成するために、[ドメインの追加] ボタンから新しいドメインを追加する必要があります。次に、そのドメインのユーザーにアクセスを付与したい製品を指定できます。これは [ドメインの追加] モーダルまたは [編集] モーダルで構成できます。新しいユーザーが対象の製品に初めてアクセスしたときに付与したい役割を反映するには、管理者が各製品のドロップダウンで1つの製品ロールを選択する必要があります。[なし] は、対象の製品へのアクセスが付与されないことを意味します。

post.png

アクセスリクエスト

新しいデザインではアクセスリクエスト設定専用のタブはなくなります。代わりに、承認済みのドメインタブ経由でドメインを追加または編集したときに、そのユーザーが製品に参加するときに管理者による承認を必須とするかどうかを指定できるようになります。これは、ドメインの追加/編集モーダルの各製品の横にあるチェックボックスで構成できます。これからは、アクセスリクエストを製品とドメイン単位で構成できるようになります。管理者による承認を要求した場合はアクセスリクエストが生成され、すべての組織管理者に通知が送信されます。

new post.png

ユーザーによる招待

ユーザーによる招待を有効化すると、任意のユーザーが直接アクセスを付与したり、同じ製品内で追加ユーザーのアクセスをリクエストしたりできるようになります。管理者はユーザーによる招待の設定を製品単位で構成できるようになります。フェーズ3では管理者がこの設定を無効化できるようになります。最新情報については次のチケットをご確認ください。https://jira.atlassian.com/browse/ID-6682

user invites.png

招待リンク

これまで、これらのリンクは特定のサイト内の製品用にのみ生成できました。これからは組織内の任意のサイトの任意の製品に対してこれらの招待リンクを生成できます。

Invitation Links.png

必要なアクション

特にありません!これらの変更はバックグラウンドで行われ、サービス中断が発生することはありません。

更新のタイミング

フェーズ1: 2021年9月20日よりもあとにサインアップした新規のお客様に、これらの変更が適用されるようになります。

フェーズ2: 2022年6月から、これらの変更が既存のお客様に適用されるようになります。変更が適用される約30日前に、admin.atlassian.comにバナーが表示されます。

フェーズ3: いただいたフィードバックや提案を受けた追加の機能改善を行います。これらの変更の適用が近づいたら、コミュニティで新しい投稿を共有します。

ご意見をお聞かせください

これらの変更についてのフィードバックをお待ちしています。ご利用のサイトの管理領域にあるフィードバックを送信リンクでAtlassian Cloudの将来にご参加ください!

0 comments

Comment

Log in or Sign up to comment
TAGS

Atlassian Community Events