JIRA Service ManagementとSlackの連携に関するエラーについて

加藤 真澄
I'm New Here
I'm New Here
Those new to the Atlassian Community have posted less than three times. Give them a warm welcome!
April 2, 2024

お世話になっております。
当方、Halpで使用していたものを丸々とJSMに移管致しました。

手触り等を確認するため、現在無料版で使用しております。

以下がエラー、相談内容になります。

1つ目です。

SlackチャンネルAに投稿された記事を丸々と課題として扱いJSMで管理を予定しております。
チャンネルAに投稿された文がそのままチャンネルBにコピーされ、そちらがJSM側と連動し、JSM側にも起票されます。(昔のHalpのままの体裁を保っております)

本来であればそのチャンネルAとチャンネルは同期され、Bで書いたものはAにも転記されますが、いつからか転記されなくなってしまいました。

そして、こちらのエラーがでるようになってしまいました。


Jira Sync Issue: Unable to verify requester/reporter emails. Not syncing reporter.


無料のため、制限に引っ掛かったようにもみえますが、こちらは原因が分かりますでしょうか。

2つ目です。

Halpで使えたアイコンでの処理、例えば目のマークを入れると自分自身がタスク処理者、済マークを押すとクローズとするような事は行えなくなったのでしょうか。

ご確認頂けますと幸いです。

1 answer

Suggest an answer

Log in or Sign up to answer
0 votes
R. Fujimura
Atlassian Team
Atlassian Team members are employees working across the company in a wide variety of roles.
April 4, 2024

コミュニティをご利用いただきありがとうございます。

1つ目のエラーに関しては、SlackのユーザーメールアドレスがJira側で確認できない事が考えられます。
該当ユーザーがJiraに存在するかご確認いただけますでしょうか。

存在しない場合、該当ユーザーにJira Service Managementのカスタマーロールを付与いただいた上で再度動作をご確認いただけますでしょうか。

2つ目の絵文字アイコンでの処理については、JSMでは自動化ルールにて設定可能です。

目のアイコンで担当者として設定する動作については、デフォルトで用意されております。
(JSMプロジェクト[プロジェクト設定] > [チャット] > Emoji shortcutsのタブを参照ください。)

その他のルールについては、[プロジェクト設定] > [自動化]より、ご要望に応じたルールを作成可能です。
トリガー: Slack メッセージへの絵文字リアクション をご利用ください。

 

不明点やご質問等ございましたら何なりとお申し付けください。

以上、よろしくお願いいたします。

 

TAGS
AUG Leaders

Atlassian Community Events